fbpx

MIND EVOLUTION 4

心理学的アプローチ 自己ブロックの解除

 

 

SARAです。

 

自分を知る

 

ここから始まる自己実現への道。

 

自分を知らない人は、自己実現の 『自己』がわからない人です。

 

自己を知ることをするワークを今までやってきましたね。

 

まずは主観的に、自分がどんな人であるのかを可視化してきました。

 

そして次には客観的にデーターとしての『個性心理学』で自分の特性を見つけました。

 

 

この主観的➕客観的なアプローチによって可視化した自分を

もっと掘り下げていきましょう。

 

 

 

 

マズローの欲求5段階で考える自己実現への道

 

 

 

 

「マズローの欲求5段階で考える自己実現への道」は、自分という人間の「軸」を見直す作業になります。

 

 

 

心理学者マズローが提唱した法則

 

段階を追って欲求を満たし、より高レベルの欲求を追求することを可視化するものです。

人間は、年を重ねるごとに、自分の役割がどんどん増えていきます。

私はヴォイスクリエーターであり、舞台人であり、大学講師、子を持つ母、妻、個人事業主、嫁、PTA保護者など・・・・

いくつもの役割を演じているうちに、

「私って、いったい何者?!」

忙しすぎて、自分がどういう人間なのか、どんな欲求があるのかも分からなくなります。

 

 

 

  • 役割とコンセプトを明確にし、ブレない軸を作る。

 

 

  • 欲求を見える化することで、今必要な行動が分かる。
  • スモールステップで無理なく自己実現ができる。

そんなワークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マズローの欲求5段階とは

 

 

マズローの欲求5段階とは、段階を追って欲求を満たしていくことで、

より高レベルの自己を追求することができるという考え方です。

 

 

 

1、生理的・生命維持の欲求


 

2、安全・安心・健康の欲求


 

3、社会的・所属の欲求


 

4、尊厳・承認の欲求
5、自己実現の欲求

 

5、自己実現の欲求

 

 

心理学者マズローが提唱したので、このような名前になっています。マズローの法則とも呼ばれます。

 

 

いきなり高望みな欲求を満たそうとして壁にぶつからないように、各レベルで自分に必要な条件(実行したいこと)を書き出していきます。

 

段階が上がるごとに、自分を取り巻く環境、他の人の存在が大きく関わってきます。

 

ネガティブな感情は捨てて、理想の自分を強くイメージして書き進めます。

 

 

書き方

 

 

 

1、生理的・生命維持の欲求
これがなくなると生命の危機に陥る!っていう点を

 

2、安全・安心・健康の欲求

自分が良い精神状態でいるための条件を

 

3、社会的・所属の欲求

どんな人たちに囲まれて生活すれば、孤立感を感じないか。

 

4、尊厳・承認の欲求

他人から見ての「私」を、「社会人・学生」「妻・嫁」「母・娘」などという自分の立場に分けて考え、目指す役割(コンセプト)と、そのために実行することを

これができないと人間として非常識になってしまう!という観点で考えると書きやすい。

 

5、自己実現の欲求

「私(1人の人間)」「社会人」としての、より高次な成長目標と、自分がこうであったらいいなという理想を

 

6 自己超越

今年度の目標

※自己超越(6)に達するのは人口の2%と言われているので、ここは深く考えずに

 

 

ワークシートはこちらからダウンロードしてください。

 

マズローの欲求5段階で叶える自己実現